Homeスポンサー広告エコライフ>電気ケトルの買い替え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

電気ケトルの買い替え

2011.09.06 Tue

5年半使っていた電気ケトルが
沸かしたお湯に変な臭いがするようになったので
買い換えました。

少し前からそろそろ買い換えようかと
いろいろ物色していくつか候補はあったんですが、
臭いが出たので大急ぎで選定。

ビタントニオ(Vitantonio)の ガラスケトル(VEK-600) です。

電気ケトルの買い替え

#ビタントニオ製品は、我が家では2つめ。
#1つめは、蚊取り器(過去記事)でした。

我が家の冷茶ピッチャー(過去記事)の容量が
1リットルということもあり、
電気ケトルも1リットルサイズで探してました。

デザイン的には、
これが一番いいと思ってたのですが、
買うのをためらってたのは、
消費電力が1250Wもあることです。

電気ケトルの買い替え

1200-1450Wあたりをよく見かけるので標準だと思いますが、
私が今まで使っていたのは670W
(最新型だと550W。ちゃんと省エネしてる)。

4月に東京電力の契約アンペアを
40Aから30Aに変更したので(過去記事)、
エアコン等との同時使用を考えると、
30Aの4割くらいを占めしかも
1日に2~3回は使う家電を買うのはなぁ、
今まで使っていたのの最新型でもいいかなー、
と悩んでました。

今まで使っていたのは、
ソレアード(当時2,000円くらい)という
プラスチックの電気ケトルで、
コードレス、自動電源OFF、中身が見える、
中が洗いやすい、スイッチ、といった特徴は同じで、
620gと軽く、しかもめちゃ安い。

電気ケトルの買い替え

でもやっぱり、ビタントニオのデザインも捨てがたい。。。
ただ、買い換えたのは7月中旬ですが、
それまでの真夏日もブレーカーが落ちることなく
過ごせてたので、
気をつけてればこの消費電力でも大丈夫かなと
いう自信もついてたことに背中を押してもらいました。
冬はガスの床暖房を使ってるので、
夏場さえ乗り切れれば大丈夫だと。

ちなみに、
料金ではガスのほうがお得らしいので
(参考:節約・ライフプラン:電気ポットよりやかん)、
やかんを買ってガスで沸かす、
という方法も検討したんですが、
目盛りが付いてて必要量だけ沸かせるし、
ガスコンロが全部ふさがってても沸かせるという
電気ケトルのメリットが捨てられず。

ガラス製にしては軽いほうだし、
購入から1カ月半ほどの使い心地は良好です。
難点は、フタが開けたまま止まらないことくらい。

電気ケトルの買い替え

この電気ケトル、
ガラスはドイツ・SCHOTT(ショット)社製で、
側面にそのロゴが入ってます。

#我が家のガスコンロ(過去記事)の天板もショット社製で、
#コンロの営業さんが、ベンツとかのライトにも
#使われてるメーカーで、とても頑丈なガラスだと
#アピールしてました。

前のより4倍くらい高いし、
前より長持ちしてもらわないとー。
関連記事

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

テーマ:エコライフ - ジャンル:ライフ

タグ:インテリア・雑貨 リデュース(節電)

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yururitoeco.blog54.fc2.com/tb.php/432-8b7df69c
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。