Homeスポンサー広告エコライフ>電力のピークカット&ピークシフト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

電力のピークカット&ピークシフト

2011.06.24 Fri

昨日の13~15時、横浜では、
電力使用量ピークカットの社会実験「節電チャレンジ」
が行われました。

節電チャレンジ[横浜市温暖化対策統括本部]

結果は13.4%で、
前年同日より気温が3℃ほど高く
あの暑さでかなりがんばったなーと私は思ったのですが、
アサヒコムではいろんな問題が浮き彫りになったという記事。

「15%節電」あと一歩[asahi.com]

この記事を読むと、
企業はかなり無理をしてたみたい。
これじゃぁ、ひと夏通しての昨日のような
ピークカットは難しい。
がまんにがまんを重ねて、耐えられなくなって、
その反動がきたとき、
かえって大変なことになるんじゃないかと心配。

政策と言っておきながら、
国は個人や企業の善意に頼ってるだけ。
これで乗り切れないことをいいことに
原発推進する気なんじゃないか
と思ってしまう。

「節電チャレンジ」の2時間、
私は自宅で仕事してました。
ノートPCはバッテリーで使い、
キッチンは使わないようにして。
キッチンを使わなければ、
冷蔵庫の開閉などで消費電力を増やさないですむので。

エアコンは、
昨日は使わないで済んだけど、
がまんできなくなれば使う。
でもそれで、引け目を感じたり、
後ろ指されるのは、違うと思う。

先日、○集○光がPodcastで言ってたけど、
「節電する人がいい人で、しない人が悪い人、みたいな
雰囲気になるのは危険」
「熱中症で命を落とす、人のいいお年寄りがでる」
というのは私も同意見です。

正直私は、善意で節電につとめてるわけではなく、
ピークシフトをしてるのは、
私が今は1日の時間の使い方に融通がきくからであって、
ピークカットをしてるのは、
電気代が減るから。

今の世の中の節電は、
自分の詳細な電力消費が見えないで
闇雲に節電しろと言われたり、
一律で電力使用を制限されて
自分の生産性が下がったり、
体を壊したりするのでは、
成功しっこないと思う。

今、この記事を書いてる時点で、
東電管内の電力使用状況は91%で、
昨日よりさらに増えてる。
昨日の暑さの中の節電を経験して、
「これではムリ」と判断した人や企業が多いだろう。

個人的に私は政府に
・ピークタイム以外の電気代を安くする(病院など免除すべきところはして)
 かなり譲って、ピークタイムの電気代を高くする
・電力消費が見える電源タップを配る
とか、して欲しい。
そしたら、ムダ・ムラを見つけて、
ますます節電&節約がんばれる。

ツラくて持続できない節電呼びかけじゃなくて、
がんばれる人ががんばる、
ごほうびがもらえる人ががんばる、
そんな節電政策はないもんでしょうか。
お金のない政府には何もできないか。。。

私の節電に、最近2つ追加。

1つは、パソコンのディスプレイの輝度を下げること。
ディスプレイの明るさって、
最近売ってるのは違うかもだけど、
工場出荷時はMAXだと業界の方からききました。
明るいほうが見栄えがいいからとか。

でも過度な明るさは目にやさしくない。
眼精疲労の原因にもなるし、
パソコンで作業するときは輝度をMAXから少し落とすことで、
バックライトがLEDじゃないディスプレイなら、
消費電力も違うそうです。

電力のピークカット&ピークシフト

#うちのテレビは
#周囲の明るさに応じて輝度調節してくれるけど
#パソコンではそういうのないのかな。

もう1つは、ドライヤーを「ターボ」で使わないこと。
「早く乾かす」ことを優先してたので、
ホットで使うときは「ターボ」でした。。。

電力のピークカット&ピークシフト

ドライヤーって長時間使うものではないけど、
消費電力はすごい。
うちのは1200Wで、
「ターボ」から「ドライ」にするだけでも
瞬間的なワット数は違うと思う。
あの音の違いからして。

そのぶん、タオルドライを入念にしたり、
湿気ムンムンの洗面室じゃないところで
ドライヤーかけたりするほうが効率的で、
髪にもやさしいかな、と思って、
「脱ターボ」しました。
関連記事

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

テーマ:エコライフ - ジャンル:ライフ

タグ:リデュース(節電) 危機管理

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yururitoeco.blog54.fc2.com/tb.php/420-4ea4baa4
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。