Homeスポンサー広告エコライフ>茹で汁・とぎ汁の再利用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

茹で汁・とぎ汁の再利用

2009.09.18 Fri

昨日のおでんの残り汁
(過去記事)に続いて、
茹で汁・とぎ汁のこと。

肉の茹で汁は、
お味噌汁など、
その日のスープや汁で
使うようにしてます。

野菜は
・無水調理
・電子レンジ
のどちらか、食材によって。

パスタやうどんなどの麺類は、
鍋で普通に茹でて
残った汁は、
食器の下洗いに。

米のとぎ汁も、
食器の下洗いに。

なので、汁を
そのまま捨てることは
ほとんどありません。

無水調理は、
「クリステル」というステンレス鍋を
使ってて(私の嫁入り道具w)、
栄養価が高く保たれるそうなのと、
少ない熱量ですむことから
始めたことですが、
エコを意識するようになってから、
排水減らしの目的でも
他の鍋を使わず
クリステルで茹でるようにしてます。

ステンレス鍋 クリステル
私が持っている鍋蓋は、
特に密閉性が高いタイプなんだそうです。

クリステルは
熱伝導率と保温力が高いので
麺を茹でるときも、
いったん沸騰したら
弱火でいいし、
茹で汁をそのまま残して
フタをしておけば
食事が終わった後も
温かいままなので
食器洗いが簡単です。

#茹で汁には気をつかってたのに、
#おでんの残り汁には気を使えてなかった私です。。

ということで、
「節水」の観点からは
大丈夫そうなのですが、
「食の安全性」の観点からすると、
どうなんでしょう。。

○野菜は、ゆでますか?チンしますか?[YOMIURI ONLINE(読売新聞)]

電子レンジは、
栄養価が保たれる一方で、
残留農薬も流れ出ないとか、
陰性に傾くとか、
ラップの加熱は有害だとか、
いろいろな見解があるようです。

#無水調理も、
#残留農薬が流れ出ない
#調理法なんでしょうか?
#これに関する情報は、
#ネットで見つけられず。。

残留農薬は、
流れ出た茹で汁の再利用法でも
気になるところです。

私は、
茹で汁やとぎ汁を
口に入れたり
肌につけたりする再利用は、
一応、避けるようにしてますが、
食器の下洗いに使ってるので、
大差ないという気も。。

「ごくわずかしか残っていない
残留農薬のリスクより、
生活習慣病などのリスクのほうが高く、
気にするならそっちでしょ」
という見解もあります。

無農薬野菜までいかなくても、
産地などがわかって
安全な食材が手に入れられれば、
神経質になることもないんですけど。。
関連記事

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

タグ:リデュース(節ガス) リデュース(節水) 食器洗い *茹で汁・とぎ汁・残り汁 *クリステル

コメント

*☆ぽてとまとサン>

クリステルのお鍋、確かに取っ手は熱くなるので要注意ですw
そのぶん洗いやすいし、機能的にもオールマイティなので
総合点ではかなり優秀だと思いますよん。

やっぱり、体の健康を考えると
バランスが一番ですよね~。

安全なものだけ食べてても、それで栄養が偏って
しまったら、体にはよくないですしね。

それに、家で気をつけてても
市販の嗜好品をとってたら、
意味なさそうですし。。

バランスってほんと大事ですね。

*

クリステルのお鍋ちょっと興味あったんです。
でも、私はおっちょこちょいなので、
取っ手にカバーがついているタイプじゃないと、やけどしそうで^^;

農薬や、食器類についているケミカルな成分、
国産か有機か、栄養バランスは・・など、
考えてしまうことたくさんありますよね。
やっぱり健康のためには栄養バランスが一番大切なのかなとは思いますが、
難しいですね。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yururitoeco.blog54.fc2.com/tb.php/106-1fb206ec
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。